不用品回収に関しての法律を教える総合情報サイト

>

小型家電リサイクル法も紹介

小型家電リサイクル法はどんな法律なのか

小型家電リサイクル法とは、家庭ごとに不要になり、使い切ったデジタルカメラ類やゲーム機器といった小型の電子機器類について最適とされるリサイクルを促進するためのルールや、廃棄物処理の際の許可に関しての特例といった事に関してのルールについても定められている法律です。家電リサイクル法との違いとしてはゲーム機器などの比較的小型の物に適用されていることが挙げられます。

この法律においての廃棄する側の責務に関してのルールですが、まずご家庭内でいらなくなった使用済みとされる小型電子機器類を定められたルールに沿って分別して輩出します。その際に市町村または認定された業者に委託を受けた小売業者に対して廃棄する小型家電類を引き渡すよう協力をしなければいけないので、注意をしましょう。

小型家電リサイクル法の目的や対象物を解説

小型家電リサイクル法の目的についてですが、これには家電リサイクル法と同じように再利用を促進させる目的があります。家電リサイクル法との違いには携帯電話やデジタルカメラといった使用済みの小型家電の再資源化や携帯電話に使用される貴金属やレアメタルといった資源の確保といったものの為の目的もあります。

また、対象となる物ですが、先ほど述べた家庭内で使用される携帯電話やPHSが含まれます。また、対象物にはパソコンといったものも含まれており、パソコンといった重要な情報の入った端末の適切な処分の際にもリサイクルが促進されています。しかしパソコンを勝手に処分することは禁止されていますので、しっかりと小型家電リサイクル法を守って廃棄や不用品回収を行うようにしましょう。


この記事をシェアする