不用品回収に関しての法律を教える総合情報サイト

>

家電リサイクル法について解説

家電リサイクル法とはどんな法律か

家電リサイクル法についてですが、これは一般家庭での家電や事務所などでの家電、種類としてはエアコン機器やブラウン管、液晶のテレビ、冷蔵庫や洗濯機、そして衣類の乾燥機といったものの中から有用と考えられるパーツをリサイクルし、廃棄物を原料するとともにリサイクルによる有効活用をさせるための法律になっています。

リサイクルというのは近年非常に重要になってきており、環境の保全といった面からも家電リサイクル法は近年になって注目される法律となっています。このような点からも、しっかりと家電リサイクル法に定められた方法でリサイクルや不用品回収を行い、リサイクルする側もされる側も気持ちの良いものとなるようにしましょう。

家電リサイクル推進法が必要な理由

家電リサイクル法がなぜ必要になったのかというと、まず一般家庭から廃棄されている家電製品は年間でもおよそ60万トン以上にもなり、この法律が制定されるまではそのほとんどが埋め立てられての処分方法となっていました。しかし埋め立てるだけでは限界があり、また埋立てによる環境への悪影響も懸念される結果となっていました。

また、このように埋め立てられる家電製品の中には再利用することのできるパーツや資源が非常に多いという利点も存在しました。このことから有用な資源の再利用をする為促進と廃棄物をできる限り減らすために、家電リサイクル法が必要となっているのです。なので家電リサイクル法は近年の電化製品が普及した社会にとってなくてはならない法律であり、しっかりと守っていかなければならないものなのです。


この記事をシェアする