不用品回収に関しての法律を教える総合情報サイト

>

不用品回収において法律を知っておくことは大切

廃棄物処理法都はどのような法律か

廃棄物処理法とはまず何なのかについてですが、これは簡単に言うとゴミといった廃棄物を処理する際に守らなければならないルールについて定めている法律です。
この法律にはそもそも廃棄物の定義とは何なのかを定めていたり、どのような方々がどのような手順で廃棄物を処理するのか、その方法がすべてを定められており、これに従って不良品回収を行うのです。

また、廃棄物処理法には処理の際に行政機関がどのようにすべきか、また行政機関が廃棄物処理の際に行ってはいけないことも定められており、廃棄物処理に関して非常に多岐にわたってルールが定められています。なので不用品回収業者はこの法律を常に覚えておき、法律の改定の際には改定箇所を常にチェックしておくなど注意をしなければならないので、気を付けておきましょう。

廃棄物処理法のポイントを解説

廃棄物処理法に関してのポイントについてですが、廃棄物とそうではない有価物かをどのように分けるかどうかの基準が存在し、これについて理解することが大切です。その基準には大きく分けると5つあるとされ、1つめはまず廃棄物かどうかを見極めるのに計画的に排出されているのかといった事があります。そして2番目にそのものの市場が存在するのかといった面でも廃棄物化有価物なのかを分ける基準になります。

3番目にそのものを入手する際にそれが有償なのか違うのかでも廃棄物かそうでないかを分ける基準になります。4つ目にそのものに占有権があるかも廃棄物かどうかの基準として定められています。そして5番目に品質が用途としてしっかり利用されているか、劣化していないかといった事があります。このような基準が廃棄物処理法にとっての廃棄物かどうかの基準になりますので、この基準をしっかりと守って不用品回収を行うようにしましょう。


この記事をシェアする