>

近年改定された不用品回収の法律を確認

平成29年に改正された内容を紹介

平成29年に廃棄物処理法の法律が改定されましたが、その内容としては今まで曖昧に処理されてきた雑品スクラップでの有価物と廃棄物との区別がはっきりとつくようになりました。
雑品スクラップは家電やOA機器といったものを指します、この中には価値の高いレアメタルが含まれていることから有価物とされるようになりました。

しかしながら、価値の高いレアメタルの中には、人の体や自然環境に悪影響のあるものも含まれている場合もありますので、不適切に処理をすることは問題となります。なので、このようなものがレアメタルに含まれている場合には廃棄物として処理をする必要がありますので、分別の際にはしっかりと注意をしておきましょう。

廃棄物としての処理が変更されたものを紹介

廃棄物の処理方法として以下に記すものとして4点が満たされるものは廃棄物として適切に処理するように廃棄物処理法が改定されました。
まず1点目に使用が終了しているものが挙げられます。そして2点目にすでに収集された機器は廃棄物として処理しなければなりません。そして3点目にその一部が原材料にある程度の価値を持つものの場合にも廃棄物として適切に処理をするように改定がされるようになりました。

そして4点目には不適切な保管方法や処分をすると人の体や自然観照に被害が出た場合には廃棄物として処理をする必要があります。
これらの4点が満たされる場合に、処理の必要が変更されるようになりますので、家電機器などの不要品を回収した場合には注意が必要になりますので、気を付けておきましょう。


この記事をシェアする